社会貢献出来る仕事?女性が税理士をおすすめされるワケ

>

税理士資格を取ったら何から始める?

実務経験が必要?

実は税理士試験に合格しても、すぐに税理士に慣れる訳ではありません。試験合格は単にスタートラインに立っただけなので、その後事務所に入って実務経験を2年以上経て初めて税理士を名乗る事が出来ます。
事務所で働いている間は業務の流れを把握する、またはクライアントへの営業方法、税務のこなし方を学び独立するか、そのまま事務所に残るかを決めます。女性税理士の場合は独立する方もいますが、事務所に残ったり別の資格を取得して幅広く活躍出来る為のステップアップをしたりする方が多くいます。
特にFPや中小企業診断士は、個人・法人共に役立つ資格なので、オールマイティに活躍したいと考える方にはぴったりの資格です。但し後者の中小企業診断士も、難易度の高い資格なので気をつけて下さい。

独立するのはどうするべき?

自分の事務所が欲しいから独立して、一人でどこまでやっていけるか試してみたい。そう考えて独立する方は多くいらっしゃいますが、税理士になった後まず必要なのが税理士名簿への登録です。
自治体の支持を仰いで登録するのですが、その際に20万円程度発生します。無事登録が済んだら後は事務所を構えます。自宅権事務所の場合はコスト削減出来るのでおすすめですし、住んでいるエリアによっては助成金をもらえるところもあります。
費用の目安は200~300万円で、後はどの程度宣伝をして集客するかがカギになります。SNSを使ったり、口コミで拡散してもらったり必ずしもお金をかけなくても集客は可能です。そこから顧客を見つけていき対応していけば、リピーターに繋がります。


この記事をシェアする

このページのトップへ